FC2ブログ

懐かしい化粧品の思い出

今日は、エリクシールシュペリエルのファンデーションを使うにあたって、昔懐かしいエリクシールとの思い出をお話します

高校を卒業して大学生になり、初めて化粧をするというとき、母が私にと突然資生堂エリクシールのファンデーションを買ってきてくれました
当時、資生堂には人気の若い世代向けのファンデーションがあって、周囲はそれを使っている人が多かった中、母がエリクシールを選んだ理由はわかりません

多少値段が安かったから。当時はそう予想していました。
あるいは、母が娘に買うと言わなかったため、店員は母が使うものだと思ってエリクシールを勧めた
もしくは、よくわからないので適当に目についたものを買った

正解はわかりませんが、化粧水と乳液のサンプルももらってきていたので、母が資生堂のカウンターへ行って買ったことは間違いないと思います。
当時、スーパーで売っている数百円の化粧品しか使っていなかった母が、初めて化粧をする娘には、あえて資生堂を買ってあげようと考えたのでしょう

私は子どもの頃から20代前半頃までは、自分のことが好きではなく、悩みが多く、なんだか人生が楽しくないと感じていて、今でも思い出すのは嫌な思い出ばかりなのですが、母が買ってくれたエリクシールのファンデーションは、数少ない母とのいい思い出のひとつです

それから、特にそのファンデーションが好きというわけでもなかったのですが、ファンデーションも化粧水も乳液も、ちょくちょくエリクシールを買っていました。
資生堂のブランドなんてみんな名前を変えてなくなっていくものだけれど、エリクシールはなぜかその名前を残しています(復活したのかもしれませんが)。おかげでこうして思い出すことができます



昨日の皐月賞、共同通信杯を見て以来、応援しようと決めたエフフォーリアが勝ってうれしいです。
43倍の馬連もゲットして満足、満足。
久しぶりに、追いかけたい牡馬に出会えましたよ。ダービーが楽しみ。


にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : コスメ
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

Secret

カウンター

フリーエリア

プロフィール

千世

Author:千世
1970年生まれ。夫と2人暮し。
介護業界に長く勤務しています。
色あせない大人の女性を目指して、日々老化と戦っています。メイクやファッションなど50代のキレイを語ります。
趣味:読書

ブクログ

習い事:フラメンコ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR